松山ケンイチ・タイム
松山ケンイチさんの非公式ファンブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Happy Birthday ☆ 23rd
松山ケンイチさん

お誕生日おめでとうございます


去年の今日はまだまだHN持ってなくて
どこにも書き込みなんかしてませんでした

お祝いだって、友人に
「今日まつけんの誕生日なんだよー」と言ったきり…


それが今では…と思うにつけ
人間何が起こるか分からないものだなーと
楽しくなってしまいます


アチラの企画にかかっていたら自分のファンレターなんて
まったく書けませんでした
まぁアチラにわいのお祝いメッセージも
こそこそっと入れたのですが…
企画者だと気づかれなくても、伝わる気持はあるのではーと思っちょりますハイ


不思議な人ですよね
どこに魅力があるのか、ファンになって1年以上経った今でも
よく分かりません

でもインタビュー…が好き…なのかな~

出逢って人生が変わった人

逢ってよかったなってこころから思える人

言葉にできないけどそんな感じです


わいの好きなある本に、正確ではないですが、こうあります

「当たり前のように通っていた道を、ある日突然通らなくなって
そしてそのまま二度と通ることはない
そんなことが人生には何度もある」

前だけを見て突き進んでください、というのは違う
時々は休んでください、というのも違う

私が大切に思う貴方には自分の好きな道を歩んでほしいと思うけれど

これから先の人生で“二度と通らなくなる”ような、
つまり、“二度とない”何かの中に

貴方の大切な何かが紛れてしまわないようにしてください
とだけは言いたいです

大切なものをいま持っている貴方なら

見失いさえしなければ大丈夫だと思うから…


楽しい思いも、苦しい思いも
気が遠くなるくらい、たくさんたくさんして、
全身全霊で輝いている23歳の松山さんを
今年も見ていたいです


peace be with you

many happy returns to you

頑張りすぎずに頑張って

改めて

23歳のお誕生日 おめでとう
スポンサーサイト
しあわせはお手てとお花のかたち
私的なことですみません
舞台挨拶の動画のレポが書けないので
先にこちらを仕上げました
⇒書き終わりました 下の記事のRead More♪までどうぞ



ワタクシ、

ケンイチさんと“握手”しました!!!



ぐりすぷ・ひず・はんど

ではなく

しぇいく・はんず

です!!!!

きょわああわあわああああああああああああああああああああ

違いが分かりますか!!!!!!?????

はんど と はんず の違い!!!!!!!!!!!!


なんか嬉しさが身体からはみ出してます

頭がぶっ飛んでんですけど

握手レポ書いてみたいと思います

〓■●~~~+。:.゜=□○O゜.:。+


2007/03/26
神童プレミアで松友さんとご一緒し
6000円の花束を1000円ずつカンパしました
ここが運命の分かれ道一回目


2008/02/05 15:19
松友usaさんから池袋初回はC列が取れた との電子矢文
「ちょっと右よりの席ですね」なんておっしゃるんですけど
近すぎじゃん!!とかその時は思ったんですが
後から考えれば
ここが運命の分かれ道二回目


2008/02/07 16:51
Aoyama Flower Market ルミネ大宮店にて
6000円の花束を買いました
ここが運命の分かれ道三回目

ジャパンプレミアを前にどうしても
豪華な事がやりたい!!!
と、意気込んで、昨年の神童プレミアを思いだし
やるぜーーーーーー!!っと
花束買ったわけです
本人に直接渡すのは、こういう場合不可能ですので
スタッフさんに預けました
ケンイチさんに渡ったでしょうか
きっと渡ってますよね


2008/02/08
明日の池袋舞台挨拶でも花束渡した方がいいかな~
と悩みました
シネマサンシャインはシネコンではあるものの
ミニシアターっぽい雰囲気を醸し出しているところで
スタッフの対応もあまりよろしくないことが多いので
そんなスタッフに渡して花束が届くのか
ひじょ~~~~~~~~~に疑問だったわけです
しかし、ジャパンプレミアと同じ人だ!と
気づいてもらえるかもしれない!!とも思いまして…
理性と感情に板挟みされてました


2008/02/09 15:08
Aoyama Flower Market 大宮ルミネ店
やはりどうしても気づいてもらう可能性に賭けたくて
というか、やっぱり豪華な事がしたかったんです!!
しかし、6000円出してしまうと、家に帰れなくなるので
(のちに、ただの計算ミスだったことが発覚しましたが)
5000円の花束を作ってもらいました
わざわざ同じスタッフさんを呼んで
「先日と同じ感じでお願いします」と……
ちなみに15:40の回ですのでこの時点で大宮にいては
開演に間に合いません
結局間に合っていません←←
ここが運命の分かれ道四回目


2008/02/09 15:38
開演時間2分前にわいは池袋の駅にいました with 花束
いつか通った道だと思ったら
ブロガーオフで迷子になった道でした〓■●
それから少しでも早く着こうと思って
走る走る走る走る走る走る
ちなみにシネマサンシャインなんてどこにあるのか
知らないので
勘でした←←←


2008/02/09 15:42
池袋シネマサンシャインに到着 with 花束
チケットなんか出せないので
拝見しま~すというお姉さんに強引に花束を押しつけ
チケットを出し、弾む息で通してもらいました
ででで、花束を取り上げられるならここだと思ってました
だからこそお姉さんに押しつけたわけですが…
しかしチケットと一緒に花束がわいの手に戻ってきました
ナンダコレ……
ここが運命の分かれ道五回目

グッズ販売でパンプとクリアファイルを買っても
でかい花束はスタッフさんにしっかり見られているのに
「花束お預かりしま~す」と声を掛けられることもなく……
チキンのわいは花束どうすんべ…とおろおろしてました
しかし、“本当にケンイチに渡るのか”疑惑を拭い去れないわいは
そのまま花束を自分の腕に抱え続け……
ここが運命の分かれ道六回目


2008/02/09 15:45
予告編が流れる会場にかさこそと入場 with 花束&ビニールの音
C列までたどり着き
周りの人に迷惑だろうな~と思いつつ着席 with 花束&ビニールの音
usaさんから「これだと帰りに直接花束渡せるかもね」
なんて言われて、うっひょ~とか思いつつ
映画中そんなことばっかり考えていて
でも渡せなかったら恥かくよね~とか……
まぁこの時点では渡せる期待が50%
後でスタッフに渡すことになるんだろうな~という失望が50%でした
メッセージカードを書く時間などなかったので
映画を観ながらふむふむさんとケンイチ宛てに書いてました
きっと字はがたがたです


2008/02/09 17:58
映画上映終了
慌てて舞台挨拶の用意
膝の上にLデコした携帯とメモ用のファイルを出して
万が一に備えてメッセージカードを手に握りしめました
そしてわいの右隣には3人いらっしゃったのですが
「すみません、帰りにもしここ松山さんが通られましたら
花束渡したいので、前を通らせて戴きたいのですけど…」
と尋ねました
そうしたらなんとOKの返事が!!!
びっくりしました
普通ダメですとか言われるだろうなと思ってました
なんてケンイチファンは優しいのでしょう
ここが運命の分かれ道七回目


2008/02/09 18:03
花束が渡せるかもしれないという考えが頭にあり
すでにパニック状態の中
すっかりおなじみ・伊藤さとりさんが登場
「L役の松山ケンイチです!!」の声とともに
わいが座っていた側の扉からケンイチさん登場
パニック

近い!!近い!!近い!!近い!!近い!!近い!!

ロープが張られていましたが
ファンたちが一斉に手を伸ばし、サインを求め、していました
そして舞台に体が向かいつつも握手やサインに応じる
ケンイチさん
とっても素敵、この前ジャパンプレミアで見た姿ですけど
今度はもっと近くて、さらに素敵
本当に1、2メートルしかない距離にケンイチがいる!!
というミラクルで知らない間に立ち上がってしまい
膝の上のもの、すべて落としました
そして叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ叫ぶ


松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!



そして始まる舞台挨拶
写真撮影は禁止のはずなのに
携帯のぴよ~んという音がし続け
なんてマナーが悪いんだろう、スタッフも止めなよ~とか思ってました
しかし、苦笑するケンイチさんと伊藤さん

ケンイチさんの
「それではLが大好きな方に登場していただきましょう」の声で
なんと中田監督だけでなく、
Lの字がプリントされたTシャツを着た
佐藤P・モジャさん・ふむふむさん・小杉さんが登壇
先日のジャパンプレミアでふむふむさんに
誕生日企画についてお話していたので
もしかしたら気づいてくれるかもと思い


ふむふむさん!!ふむふむさん!!ふむふむさん!!

ふむふむさん!!ふむふむさん!!ふむふむさん!!

ふむふむさん!!ふむふむさん!!ふむふむさん!!



すこしお話ししたところで
ケンイチさんがあの独特のイントネーションで

「あ、これ、写真撮影OKですからね」

はぁぁぁぁaswsxdfxcfvghgbgっjんml、l;。;
パニック再び

慌ててデジカメ取り出し…
デジカメ持ってた自分をもんのすごく褒めてやりたいです
だって普通舞台挨拶にわい、カメラ持ってかないんですもん
なんで持ってたのかは不明です

レポもそっちのけで写真撮影に勤しむ女…
会場全体が撮影の音で包まれたため、仕方なく伊藤さんが
「あとでフォトセッションの時間取りますから」
と苦笑交じりにおっしゃるのですが
そんなこと言われましても、無理でしょう!!!
話聞かないことへの後ろめたさはあったのですが
とりあえず写真撮っとけ!!と思ったので
ひたすらL携帯とデジカメで撮影しました
というか撮りながらあの時点では、聞いてました

そして撮影の合間に
ケンイチと監督と、なぜか壇上に上がってきたLレンジャーに向かって
必死でLデコした携帯をアピール
みんながLサインを指で作ってアピールしている間
わいの右手はデジカメで写真撮影を、
左手はLの携帯をアピールしてました
するとあと少しで舞台挨拶が終わるといった時、
小杉さんだったか、もじゃさんだったか忘れましたが
わいの携帯に気づき

(゜∞゜)b☆超ういろう

をやってくれました!!!!!!!!!!!
にゃははははっはははははっはっはははははは
作ってよかったーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

そして退場

ケンイチより先にふむふむさんが降りてきましたので

ふむふむさん!!ふむふむさん!!ふむふむさん!!

と叫ぶと、気づいてくれたようで
ほんの少しこちらに近寄ってくれましたので
上映中に書いた(←)お手紙を渡しますと
ふむっと一回頭を下げてくれました、いい人☆
中にはもちろん誕生日企画のことを書いてありますよ☆

ふむふむさんにお渡しできると速攻で


松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!



花束を抱えて叫ぶとなんとわいの方へケンイチの身体が
あおhぱhがljdhpぐydshjbgwpiuyhb:あlg

フリーズしかけたわいの方へ手を伸ばしてくれました
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

えいっ!!とばかりに花束を渡し…
すみません、押しつけました、の方が適格ですね

するとわいの目を見て
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

「ありがとうございます」ぼそっと呟くように
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

jhh;あgdjkghrぱhlんvjf;をあhg;あlんm;

再度必死で書いたメッセージも押しつけて
絶対頭の中空白になっていたはずなんですけど
手を差し出してみました


ぎゅっ


lおいjklなる;jglkんばえふ;nbwg;pijnvad

に   ぎ   ら   れ   た 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!


kふぁjgrぱうjbんhれj;いkふぁh;いえjgk:j;f

今までの人生でこんな幸せだった瞬間があったでしょうか
わいからも握ったつもりなんですけど
そんなことはどうでもよくて
ケンイチの素敵な手から、わいの手に、力が加わるのを感じました


ひんやりしてました
しっとりしてました
かっこよかった
素敵ケンイチでした
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

ケンイチと握手した方たちがおっしゃるように
“こちらから放すまで握っててくれた”ということはなかったのですが
まぁ退場中だったわけですし、
他の人からも握手を求められていましたから
当然のことでしょう

そして一瞬気を失った後
握手やサインをするケンイチを見ると
なんとその左腕には花束が!!!!!!!!!!!!!
持っててくれたんです!!!!!!!!!!!!!!!
サインするとき、とっても邪魔だったと思うんです
それなのに持ってたんです!!!!!!!!!!!!!
マネージャーさんに渡さなかったんです!!!!!!!

いろんな人にわいの手を触ってもらいました
「ありがとうございます!」って言ってくれる人たちばかりでした

ロビーに戻ると、まろうさぎさんたちがいて
「あの花束、絶対Loraさんだと思いましたよ!」
な~んて言われました

しばらく大騒ぎしていると、もじゃさんがロビーに登場
Lの携帯を見せると「お~~凄いですね」
うひゃっ☆
そしてここでも「花束(渡したの)、わたしです!!」


もう脱力しきってしまい、床にへたり込んだかと思えば
「握手しました!!花束渡しました!!死にそう!!」と叫ぶ
本当にハタ迷惑だったことでしょう
周囲の視線を感じました……

へらへら笑いが収まらないまま、電話をかけ
過呼吸状態のまましゃべり倒したんですが
何をしゃべっているか分からなかったそうです←←



そして、興奮が冷めやらぬ、冷めるわけもなく、池袋2回目
今度はもう最初からメモの用意などすることなく
デジカメと携帯を構えてました
すると伊藤さんが
「私の口からは写真撮影はご遠慮願いますからね」とにっこり
いい人だ~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめにケンイチ登場

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!

松山さん!!松山さん!!松山さん!!


なんとか先ほど花束渡した女だと気づいてもらおうと
必死で叫ぶのでした
声ががらがら

中田監督が出てきて話し始めたところで気付きました

動画だ!!!!!!!!!!!!!!!!

慌ててムービーに切り替えて
6分ほどカメラを回しっぱなしでした
全部映ってます

そして退場する時に騒音の中


松山さん!!松山さん!!松山さん!!

花束、ありがとう!!!!!!!!!


大音声で叫びましたが
果たして届いていたでしょうか……


ファンになってから13か月、初めて見てから11か月、
いろんなことがありました
自分が経験してきたものが積もり積もって
戻ってきた気がします

ケンイチファン史上、最高の舞台挨拶でした

。・゚・(ノε`)・゚・。
Read more♪
L change the WorLd 初日舞台挨拶 in 池袋
松山さんと握手しました


1月25日のは、わいが一方的にケンイチさんの手を握っただけですので
「握手」とは呼びません

ああああああああああああああああああああああああああああああ

25日に幸せってこのことか、と思ったんですけど、
で、握手なんか出来たら幸せ以上だな、とか思ってたんですけど

実際自分の身の上に降りかかると

なんと言うか、幸せとかそんな言葉じゃ表せないくらいです

ああああああああああああああああああああああああああああああ

なんだか目の前にケンイチさんがいることが奇跡すぎて
フリーズ

手を差し出しましたら、ぎゅっと握ってくれました

わいの目を見て……

笑ってる顔と真剣な顔を足して二で割ったような顔をしてました

今回の手はひんやりしていました

前回は「骨ないんじゃないか!?」とか凄いこと考えたんですけど

骨はありました

ひんやりしていて、しっとりしていました

しっとりというのは、手汗ではなく、潤ってるお肌ということです

ケンイチさんの手はとっても柔らかく

わいの手をケンイチさんに握ってもらっている時

本当に頭の中が真っ白でした

わいからももちろんぎゅっと握ってみたのですが

それよりもケンイチさんの美しい手から

握られているという、圧力を感じました

次の人に握手やサインをするまで

わいの手を握って、目を見ていてくれました

本当はチャンスあったらサインねだろうと思って

Lの写真集を持ってきていたのですが

ムリです

あんな人を目の前にして

サインください!って写真集なんか取り出せないです

かっこよかった

しっとりしてた

ひんやりしてた

もうパニック状態

壊れました

完全に壊れました

使い物になりません



ということで今回はレポなんて書けません

握手したのは15:40の回の退場時だったんですけど

撮影OKだったのでそればかりに気を取られて

ろくに聞いてませんでした

しかし、18:40の回では途中から

ビデオを回していましたので

その場面だけ頑張って文字起こししてみました☆
Read more♪
L change the WorLd ジャパンプレミア 東京国際フォーラム
舞台挨拶のレポ、初めて翌日のアップになってしまいました。・゚・(*ノД`*)・゚・。
その間、サインをもらったり握手をしたりと、
素晴らしいレポがたくさん上がっているので恐縮ですが

ふむふむさんとお話したり、自分でも楽しかったことを
書き留めておきたいと思います

東京国際フォーラムAはわいが初めてケンイチさんを見た場所です
とっても思い出深い場所なんですよ~
あの時は豆粒でした、豆粒ケンイチ……

昨年の神童のプレミアの時にご一緒した方たちと
ケンイチに6000円の花束を作った記憶があったので

どうしても今回やりたい!!
大々的なジャパンプレミアにお花を贈りたい!!

と思いまして……

080207_1708~01


(゜∞゜)b☆

花束を持っている女がいましたら、その女はわいです

これを作るのにフラワーショップで30分以上粘りました
注文がまた面倒でして…
◆赤い薔薇がメイン
◆優しくて、ふんわりしていて、色が白くて、そんな感じの男性に似合う花束
◆それなりにボリュームを
などと店員さんに注文をし続けまして
自分でもびっくりの大きさの花束が出来上がりました
2人くらい、のぞきこめる大きさだと思います…

店員さんに「お誕生日か何かですか?」と聞かれて
「ん~何て言ったらいいんでしょう?映画の公開です!」
痛すぎる、わい
笑いをこらえているのが分かりました…
本当はボリュームがあったのですが
電車の中で一回撮っただけのため、こんな画像になってしまいました
。・゚・(ノε`)・゚・。

そして、電車の中でのこと。
乗ってくる人がみんなわいを見てる!!
そして誰も近寄ってきません!!
お花に何かあったら…というのと香りがきつかったんですかね…

有楽町でusaさんとお会いしたわけですが
会った瞬間、花束の大きさに驚かれましたわわわわ
すぐにほかの方たちが待っているカフェに連れていっていただき
メッセージカードにみんなでコメントを書きました☆
その間もハイテンションでしゃべり続ける迷惑な女はわいでした

そしてついに国際フォーラム前へ移動
tmcさんにも連絡を取りましてメッセージを書いてもらい
なんとSSさんと4か月ぶりの感動の再会☆
ここでもハイテンションなわい

usaさんと会場内へ向かうため、入り口付近に行った時
後方から「きゃーきゃー」と言う声が・・・
どうしてもスルーできずに戻ってみますと
ガラス張りの2階のロビーでケンイチがレッドカーペットを
行っている模様……

ケンイチ~~~
ケンイチ~~~
ケンイチ~~~

見えないのに、見えないのに、ぴょんぴょん跳びはね
手を振り続けるわい。。。その手には花束…
2階からスタッフさん3人がわいのことを見降ろして笑ってらっしゃいました
usaさんの「花束くずれちゃうよ」の言葉でようやく我に帰るわい。。。

ようやく入場し、スタッフさんに花束を預かってもらったのですが
宛先を書いてない!!
慌ててスタッフさんのボールペンを借り
へにょへにょの字で「松山ケンイチさんへ」と書きました。・゚・(ノε`)・゚・。
思いっきりの笑顔でスタッフさんに「よろしくお願いします」と伝えるわいは
相当に奇怪に、痛く、映ったことでしょう…

座席に着きますと意外とまた近いんです、これが。・゚・(ノε`)・゚・。
日曜日にコンタクトの度を上げてきた自分を褒めてやりたいとか思いました
そして客席でもハイテンションが収まらず…
まろうさぎさん、ゆいんぐさん、クロクマさんたちと話しているうちに
レッドカーペット帰りのfanさんがいらっしゃいまして
「サインもらったー握手したー」というfanさんと抱き合って喜びました
「よかったねーfanさん」と口から出る言葉はそれだけでした
本当に、本当に、ぎゅーっと抱き合って
fanさんの幸せがわいに絡みつく腕から伝わって来て
何度も何度もよかったねを繰り返し、ハグをし続けました
幸せでした

グッズが欲しいなーと思っていますと開演の時間になってしまい
購入は断念。・゚・(ノε`)・゚・。

ようやく舞台挨拶レポに移りたいと思います
Read more♪
L change the WorLd 集英社33誌連合試写会 東京国際フォーラム
080125_2335~01


手 です

わいの手 です

2007年の目標は【今年中にケンイチに接触する】でした
結局時間に縛られ達成できなかった目標です

しかし


いまようやく(年が明けてしまったにせよ)
念願がかないました

↓舞台挨拶の模様は続きから
Read more♪
ジャンプフェスタ2008
長いお付き合いのusaさんと、お会いするのは初めてのまろうさぎさんと
一緒に千葉・幕張メッセで行われたジャンプフェスタに行って参りました

まず、海浜幕張駅で待ち合わせ
文章の鋭さから、そういったお人柄を想像していたまろうさぎさんは
優しさが顔に出ている人でした
初対面のusaさんのお嬢さんは、ご本名なので記載は控えますが、
お母さん似のとっても可愛らしい方でした

そしてごった返す人の波の中
幕張メッセに到着・・・したはいいのですが
会場に入るまでが物凄く人が並んでいるため、
何百メートルとありそうな列を2往復してようやく入れました

まぁ列に並んでる時から
会場内のLブースが見えていたため、4人とも大はしゃぎだったわけです

入場すると、Lブースにまっすぐ猛進する痛い子4人
071222_0926~01

人が映っているのでお分かりと思いますがとっても大きなLに大興奮
ここがLブースです
このブースの脇ではLのクリアファイルが配られていました
裏側に回り込むと
2007_12220046.jpg

等身大よりちょっと小さいくらいのLと記念撮影しました
そしてこの横ではスクリーンに予告や宣伝が映されていて
そこで10分少々足止めを食らう4人
またスクリーンの向いには撮影で使われたグッズなども置いてあり。。。
071222_0934~01
071222_0935~01
071222_0934~02
071222_0935~02
071222_0935~03


Lブースの奥にはゲームのブースが
071222_1214~02


そのあと、目的のイベント会場に向かいました
人人人人人、人の群れ
でも幸運なことに、列の最初のほうに並べたため
観覧席は前から5列目、ほぼ中央という
超良席でした

並んでいる間中、お話をしていたのですが
その時出てきた話で衝撃的だったのが
“すばるの入浴写真は泡風呂ではなく綿風呂”でした
泡風呂と勘違いしていた私・・・
すっかり騙されてしまいました
恐るべし、蜷川実花

では
拙いものですがトークショーレポを書いたので
続きからどうぞ
Lからのメッセージは95%くらい正確に書かれてます
Read more♪
人が何かを理解する瞬間を見てみた
観劇から10日間ほど、カリギュラのことが頭と気持ちから離れませんでした
18日の記事から時間を経て感想を書いてほしいと依頼があったので
直後のぐちゃぐちゃした感情になんとか整理をつけ
私の個人的な感想とカリギュラに対する解釈を書くことにします

ですがそれにあたり、ネタばれをせずに語れるほどの筆力が私にないため
どこまでも、果てしなく、狂おしいほどにネタばれしています
幕開けからカーテンコールに至るまで
多くの場面について書いていますのでご注意ください

※ *印で囲ったところが核心的なネタばれ部分です
Read more♪
『おれはただ月が欲しいんだ』~カリギュラ~
『不可能!

   おれはそれを世界の果てまで探しにいった。

                      おれ自身の果てまで』
caligula.jpg


ストーリー

ローマ帝国の若き皇帝カリギュラは愛し合った妹が急死した日、宮殿から姿を消す。貴族たちに不安が広がる中、3日後、“限界のない自由”という真理をまとったカリギュラは、以前の彼とは思えぬ変貌ぶりで現れる。彼を愛する女性セゾニア、忠臣のエリコンを自らに従わせ、貴族、平民を問わず、何らかの財産を持つ者を区別なく殺し、国庫のために財産を没収すると言う驚くべき宣言を出す。しかし、それはほんの手始めに過ぎなかった。
それから3年。親や子を殺され、妻を辱められ、プライドを傷つけられた貴族たちの怒りは皇帝殺害を企てる。しかし、それを引き止めたのは、貴族の中で唯一カリギュラの思想の危険さを見抜いたケレアだった。彼はほかの貴族たちをいさめ、時が来るのを待つべきと説く。だがカリギュラもその動きに感づいていた。市民のための食糧庫を閉鎖して飢饉を起こし、公営売春宿の売上げ回復のための勲章制度などを新たに課す。カリギュラに父を殺された若き詩人シピオンは彼を憎み、また受け入れようとする。なおも続く残虐非道な行為の数々。「不可能なもの」を手に入れるべくさらに暴走するカリギュラだったが――。

引用:公式パンフレット



東京公演も半分が過ぎました
連日大好評だそうです

以下、多少のネタばれを交えて感想です
Read more♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。